今や腰痛は、働き過ぎの日本人の習慣病でもあるのか?

知って得!なぜ腰痛対策をすると良いのか!

日本人の9割の人が、腰痛や腰痛予備軍とされいます。それはなぜかというと、まず姿勢の悪さも一つの原因です。腰の痛みというのは、中腰姿勢になるから出るというのではなく例えば、姿勢が猫背になると内臓が圧迫されて下垂します。下に下がるとそれだけ臓器の動きが鈍くなり、血行不良を起こします。そういった身体の事情を踏まえると、必然的に「腰痛対策」は必要になります。椅子から立ち上がる時も、床を見たままで立ち上がるのと、右斜め上を見ながら立ち上がるのでは、身体の使い方が大きく変わります。右上を見ながら立ち上がると、重力で身体が持ち上がるので、腰に負担が掛からないというだけでなく、腹腔や胸腔・口腔の3つが立つので、猫背姿勢の癖がある腰痛持ちの人にはうってつけの立ち上がり方となるのです。名古屋の腰痛治療院では、丁寧に腰痛対策の指導を行っています。

腰痛の治療方法はどんな方法?

腰痛の治療法というのは、治療院の数だけ多種多様な手技があります。施術者本人が行うものから、電気治療(低周波を含む)や温浴療法など様々です。一般的な腰痛治療法はマッサージや指圧ですね。痛みが出ている所を患側と考え、そこから始める治療院は多いです。最近は、頸椎の骨の歪みや骨盤の歪みなどが関係しており、それが原因で腰痛が発症しているのではないかという見方もあります。痛みがある箇所よりも、離れた部分をまず調整して、腰の痛みを外していくような治療法も増えています。ここ名古屋の治療院でも、安心して施術を受けて頂けるように、治療法を説明させて頂いています。

腰痛になっても運動をしてもいいのですか?

腰痛になったからといって運動を止める必要はありません。ただ、身体に負担にならない程度に、運動量を減らしましょう。腰痛になる方は血行不良になっている方が多いので、身体を定期的に動かすことはとても良いことです。喫煙者は特に筋肉のこわばりや心臓への血流の滞りなどが強く出るため、30分くらいのウォーキングをするのもお勧めです。運動することで新陳代謝が良くなり身体が温まります。それにより各身体の器官が活性化します。そいう指導も名古屋の治療院でしています。

腰痛の名古屋の治療方法を選ぶにあたり、複数の整形外科や整骨院のサポートを理解することがとても大事です。