憧れの二重に!美容整形埋没法のマメ知識3選

一番気になる!腫れにくいかどうか

埋没法をすると必ず腫れるので、いかにも整形したことがバレバレな見た目になると会社や学校に行きづらくなりますよね。そこでよく腫れない二重整形と謳うクリニックが多いですが、腫れにくいかどうかの工夫をしっかり見極める必要があります。麻酔と腫れには大いに関係があります。麻酔の量が多いと腫れやすくなるので、まぶたに何回麻酔を打つか確認しておくといいでしょう。また自分が麻酔を受ける時に、怖いからと言って力を入れすぎると内出血を起こしやすくなるので、できるだけリラックスした方が良いです。

施術中の様子が気になる方へ

美容整形と言えども手術に変わりはありません。施術する場所はドラマで見るような手術の機械が揃っているので緊張しやすいです。実際の痛みについては、麻酔を打つ時にインフルエンザの予防接種のような筋肉注射特有の痛みがありますが、一瞬なのでそれほど気になりません。麻酔が効いてくると痛みはありませんが、まぶたを縫われているような感覚は分かります。BGMをかけてくれる病院もあり、そういったところではリラックスして施術に臨むことができますよ。

目をつぶった時にばれないかについて

整形で一番気になるのが、他人にばれないかですよね。ダウンタイム中はともかくとして、1ヶ月ほど経過し二重が定着した後、目をつぶってみると糸は全く気になりません。埋没では皮膚の中に糸を埋め込んでいるので、表面から見えないですし、内側も角膜を傷つける心配はありません。また傷についてですが、針を刺した小さな跡が1週間ほどありますが、かさぶたが取れるとどこに刺したか分からないほど綺麗になります。そのため埋没法は下を向いたも他人にばれにくい整形です。

処女膜の再生には治療の必要がありません。長らく性行為をしていない女性は、処女膜が元に戻ることがあります。久しぶりに性行為をしたときに痛みを感じるのは、このことだったのです。