周りにバレたくない!自宅と病院で違う包茎の治療方法

そもそも包茎は治療する必要があるの?

治療する事が推奨されている包茎ですが、他人に知られる事が恥ずかしかったり日常生活では困らないといった点から放置している方も多いですよね。しかし、包茎を放置する事はデメリットしかないんですよ。普段は、亀頭が露出していない包茎は刺激に弱いといった特徴があります。性行為の際に早漏で悩んでいる方の多くは包茎を治療していない事が原因となっています。また、性病に感染する可能性が高くなる事や細菌が繁殖しやすい事で炎症を起こしやすいといった病気のリスクがある事も治療が推奨されている理由の1つなんですよ。

自宅で出来る包茎の治療方法

自宅でも包茎を治療する事は可能です。インターネットで検索すると数多くのサイトを見付ける事が出来ますよね。また、自宅での治療を目的とした機器も販売されています。誰にも見られる事なく治療が出来る事や病院での治療と比較すると大幅にコストを抑える事が出来るといったメリットがあります。しかし、機器の使用方法を間違うと怪我をする恐れがある事や包茎を完治する事が出来ない場合が多いといったデメリットがある事に注意をしなければいけないんですよ。

病院で行われている包茎治療

病院で包茎治療する最大のメリットは、安全に完治させる事が出来るといった点です。医師の方が診察の際に、症状を確認して患者に最適な治療方法を提示してもらえるんですよ。包茎の原因となっている余分な包皮を手術で切除する場合でも、麻酔を使用する事から痛みを感じる事もありません。また、包皮の縫合が目立たない手術方法がほとんどとなっている事から、周りの方に見られても包茎手術を受けた事がバレる心配がないんですよ。

包茎は性器の先端が包皮に覆われるため、小便や精液などが残留して不潔な状態になってしまいます。入浴時には必ず入念に洗う他、排尿や射精は包皮を後退させて行い、汚れが溜まらないように心がけます。